高野山金剛峯寺蔵 

八大童子のうち矜羯羅童子立像 

想定復元模刻

綿密な事前調査のもと、建久9年(1198)頃の造立当初に使用されていたであろう材料と技法を用いて制作。

矜羯羅童子立像は、現在

『お仏壇のはせがわ 銀座本店6階 銀座ギャラリー』にて常設展示中。

飛天童子
飛天童子

2015年 檜 天然顔料 截金 36.5×15×5.5㎝

press to zoom
飛天童子
飛天童子

2015年 檜 天然顔料 截金 36.5×15×5.5㎝

press to zoom
蓮弁 -朱-
蓮弁 -朱-
press to zoom
蓮弁 -青-
蓮弁 -青-
press to zoom
蓮弁 -青-
蓮弁 -青-
press to zoom
お守り地蔵
お守り地蔵

檜 5x3x4 cm

press to zoom
佛頭
佛頭

石膏 銅粉 (台座)漆塗り 23×13×13㎝

press to zoom
矜羯羅童子立像復元模刻
矜羯羅童子立像復元模刻

2012年 檜 寄木造 玉眼 天然顔料 115x45x33 cm

press to zoom
矜羯羅童子立像復元模刻
矜羯羅童子立像復元模刻

2012年 檜 寄木造 玉眼 天然顔料 115x45x33 cm

press to zoom
樒 (しきみ)
樒 (しきみ)

2013年 檜 天然顔料 金泥

press to zoom
青蓮
青蓮

2015年 檜・天然顔料・金泥 67×17.5×17.5㎝

press to zoom
青蓮
青蓮

2015年 檜・天然顔料・金泥 67×17.5×17.5㎝

press to zoom
1/1